フォト

Twitter

無料ブログはココログ

トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2 »

2006年8月11日 (金)

北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 1

Hokaido16_12日目は旭川市にある旭山動物園に行きました。ご存じの方も多いと思いますが、一度潰れかかった動物園が、園長を中心として職員たちの力によって蘇り、今では上野動物園と1,2を争う人気動物園です。さぞかし人、人、人で大混雑してるんだろうと思い、入り口を入ってみると、それほどでもない・・・。ちょっと拍子抜け。しかし!その考えが甘かった。朝一番で入ったため少ないと思っただけで、時間が経つにつれてどんどんどんどん人は増え続ける。ちょっと動物に目をやってるうちに、まる で細胞分裂しているのかと思うぐらいに人だらけ。まあ、我々人間は地球に巣くうバクテリアと言われることもありますから・・・。しかしゆっくり動物を見れたのは、最初の数種類だけでした。

上の写真の奥の方に観覧車が見えますでしょうか。遊園地もあるのかーと、その場は軽く流していましたが、これが場当たり的な対応の遺物だったとは・・・。旭山動物園は市営の動物園ですので、実際現場で働く人たちの意向は関係なく、鶴の 一声で運営方法が決まこともあります。動物園の入場者数に伸び悩みが見え始めたころ、テコ入れ策として市が導入したのが、大型遊具、つまり遊園地の設置だったわけです。たしかにそれで入場者数は伸び、過去最高の入場者数に達したときもあったそうです。しかし、それは一時的なものでした。その後、動物園は廃園の危機を迎えます。

いかに場当たり的な対応が危険なものであるか、短期的なものの考え方しかしないこと、目先の利益・成功しか考えないことがいかに危険なことか、そして自分たちの本来の姿をを忘れて、簡単な方法で成功を手に入れようとすることがどれほど危険なことか、それをよく表していると思います。

つづく

トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2 »

「ロハスな生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/3020917

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 1:

トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2 »