フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 1 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 3 »

2006年8月15日 (火)

北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2

Hokaido13 旭山動物園の入り口は2カ所あるのですが、我々は新しい東門から入りました。入ってすぐに目に付いたのはこの手作りの「動物園からのお知らせ」。もぐもぐタイムのスケジュールやイベントの情報が掲示してありました。「手書きと木の看板」ということだけで、なんとなく微笑ましい気持ちになります。

旭山動物園の園内にはこのような手作りの掲示がいたるところにありました。

Img_1296  それぞれの動物ごとに、飼育係が名前や特徴、最近の状況などを書いているようです。写真はワオキツネザルの若いオスが加わったことによる三角関係について書いてあります。こういう感じで書いてあると、動物にたいしてとても親近感を覚えます。そしてまた次に来たときにはどうなっているのかな?という気持ちになります。

ワオキツネザルはどこの動物園に行ってもおそらく見ることができるでしょう。しかし、この三角関係をもっているワオキツネザルはここにしかいないのです。ここでしか見れないのです。事典で調べて分かるような動物の特徴について書いてあるのではなく、ここにしかいない動物のブログを飼育係が代わって書いているといったところでしょうか。

共感できる、共有できる、それが人が集まる大切なキーワードのひとつですね。

つづく

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 1 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 3 »

「ロハスな生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/3070131

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2:

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 1 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 3 »