フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 4 »

2006年8月16日 (水)

北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 3

Hokaido17旭山動物園での基本的な考え方は、動物にとって快適な環境をつくり、動物がもつ本来の能力を最大限に引き出すこと。

そして我々人間は、その自然な動物の姿を見て、「すげー」「かわいい」と喜ぶ。

ごく簡単なことのように思えるこの仕組みが、本当は一番難しいことなのだと思います。

Hokaido18 動物はどうすれば能力を発揮してくれるか、どのような環境をつくれば能力を発揮してお客さんを喜ばしてくれるか。それぞれの動物ごとにそこを見抜く力が必要です。それは決して簡単なことではないでしょう。動物を社員に置き換えて考えると、会社でもまったく同じことが言えますね。個性を最大限に活かすことができれば、みんなハッピー。

写真はロープが張り巡らされたジャングルジムのような遊具で遊ぶサル(種類は忘れました)と、今回残念ながら見れませんでしたが、空中を渡るおらんうーたんの姿が見れるおらんうーたん館。

動物園で動物が檻の外に出るという発想は、やはり動物を知り尽くしていないと出てこないことでしょう。

旭山動物園にはパンダやラッコやコアラやらのいわゆる、その場にいるだけでお客さんを呼べるスター選手がいません。それでもお客さんを呼べる。スターがいなくても普通の動物が能力を発揮すればお客さんを呼べるのです。動物園から学ぶことはなんだかたくさんありますね。

つづく

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 4 »

「ロハスな生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/3084380

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 3:

» コアラ [動物辞典]
コアラオーストラリア南東部に分布する哺乳綱有袋目クスクス科の動物。 ユーカリを主食とする。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL... [続きを読む]

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 2 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 4 »