フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 4 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 5 »

2006年8月18日 (金)

親切係?

先日、小田原にあるヤマダ電機にスーパーカブ、通称「ロハス号」をかっ飛ばして、お買い物に行きました。

商品を持ってレジに行ったときのこと・・・。

レジにはすでに会計をしている人が。しかしちょっと手間取っている。わたしはその後ろに並ぶ。なぜかは分からないが、時間がかかっている。

仕方がないからしばらく待つ。

レジの中にはもう一人店員がいる。しかもレジはもうひとつ空いている。

なにやらその店員は後ろを向いて書類の整理をしている。

わたしが並んでいることは承知のうえで書類の整理をしている。

わたしはまだ並んで待っている・・・。

店員、書類の整理が終わったようでわたしに「お待たせしました」と抑揚のない声で、笑顔一つない顔で言う。その後の会計も面倒くさそうにこなす。

胸には「親切係」のバッジが付いている・・・。たしか笑顔でなんとかとも書いてあったような。

うーん、このバッジの意味するところが理解できません。

どこのお店でもよく見かける「研修中」の類いのバッジや腕章。 

あれは「わたしは研修中なので多少お客さんに迷惑をかけるかも しれないけど、見逃してね。」とお客さんへの言い訳のために着けている、甘ったれた考えでしかない。

研修中かどうかは店側の視点でしかなく、お客さんからしてみれば店にいる店員のひとりであり、研修中かどうかには関係なく、通常の接客・サービスを期待しているはずである。

と言う人もいます。確かにその通りかもしれません。

バッジを付ける前にやるべきことがあるはず。

形より中身が大切ですね。

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 4 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 5 »

「その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/3085096

この記事へのトラックバック一覧です: 親切係?:

« 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 4 | トップページ | 北海道訪問記 旭川・美瑛・富良野 5 »