フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 別府で温泉三昧 | トップページ | 大人のための什の掟 »

2006年11月29日 (水)

はっちゃん・ぶんちゃん

別府1日目、ディープな野湯を体験したあとは、内湯を3カ所体験。どの温泉もそれぞれの良さ、趣があっていい湯でした。

今回わたしが3日間で入った10箇所ほどの温泉は、それぞれが違った表情をもっていて、まったく飽きません。泉質、源泉、湧出量に恵まれた別府ならではでしょう。

1日目の締めくくりに入った竹瓦温泉という市営の温泉は、去年行った道後温泉を思い出すような佇まいでした。源泉かけ流しで入浴料100円・・・。小田原にも万葉の湯という温泉施設が駅前にあるのですが、ここは湯河原温泉からタンクローリーで運んできたお湯を利用しています。入館料は2,400円・・・。

温泉だけに限らず、都会で癒しを手に入れようと思うとお金がかかります。

1010011_1竹瓦温泉から出ると、ギターとアコーディオンを持った船長姿のご老人が目につく。これが噂の別府の流し、「はっちゃん・ぶんちゃん」。このお二人と一緒に別府の路地裏を歌いながら散策するイベントが、今日これから行われるとのこと!急遽それに参加することに。

アコーディオンとギターの調べと歌声を聞きながら路地裏を散策すること約1時間。途中ところどころでお店の中を見学したり、参加している方が歌を歌ったり、楽しいひとときでした。

しかし、同じ道を自分たちだけで散策していたのではここまで楽しめなかったでしょう。何より、はっちゃん・ぶんちゃんのキャラクターが一番我々を楽しませてくれたのです。二人と一緒に散策するからこそ楽しめたのです。

バスガイドは別府が発祥の地だそうですが、誰が案内してくれるかで楽しみは何倍にもなります。同じことをしても”誰が”によってぜんぜん違う。

何事も最後は”誰”に行き着くような気がします。

・・・つづく。

« 別府で温泉三昧 | トップページ | 大人のための什の掟 »

「ロハスな生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/4359195

この記事へのトラックバック一覧です: はっちゃん・ぶんちゃん:

« 別府で温泉三昧 | トップページ | 大人のための什の掟 »