フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 大賞速報 | トップページ | 今年の梅酒 »

2007年6月 6日 (水)

ロハスデザイン大賞終了

開場10分前に、寂しい会場前の風景を写真で撮って掲載しましたが、蓋を開けてみると400人入る会場はほぼ満席状態。熱気むんむんという感じではなく、みんななんとなく冷静というか、ロハスってどんなもの?というまだまだ手探り状態で来られているような雰囲気が感じられました。

まず始めに「人と健康と環境との関係」ということで、ヨーロッパで活躍されている方の講演から始まり、藤原直哉がナビゲーターを努めたシンポジウム、そして授賞式という流れ。

講演、シンポジウムなど、いろいろなお話を聞いていて、ロハスは個人が楽しむところから広がる。逆に難しいことを言ったら広がらないんじゃないかなーと思いました。

地球環境が、食料自給率が、化石燃料が・・・等々意識の高い人には通用しますが、広く一般には受け入れられないのでは。

だから今のところロハスは、意識の高い人たち、生活と心に余裕のある人たち、セレブのモノという認識があるのではないかと。

もっと簡単にロハスってカッコいいとか、おしゃれとか、気づいたらロハスだったとか、そういうのでいいと思いました。最近風呂敷がファッションとして流行っているように。

そうしたらいつか、

「えー、まじお前、割り箸使ってんの、かっこわりー」

街中でそんな声が聞こえてくる日がくるかもしれません。

わたしもMy箸使おうかな。

« 大賞速報 | トップページ | 今年の梅酒 »

「ロハスな生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/6677264

この記事へのトラックバック一覧です: ロハスデザイン大賞終了:

« 大賞速報 | トップページ | 今年の梅酒 »