フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 農業は人類の原罪である | トップページ | コアラ »

2007年8月16日 (木)

靖国と花火

P1010021_3 今までニュースでしか見たことのなかった靖国神社に、生まれて初めて参拝してきました。

猛暑のなか、とても多くの方々が汗だくになりながら参拝されていました。

そして特に目についたのが、若い人の多さです。お年を召した方ばかりかと思っていたので、驚くとともに、うれしい気がしました。もちろん「右向け右」の若い人もたくさんいましたが・・・。

Pict0004_3 その同じ日の夜・・・

小田原では花火大会がありました。

この花火、自宅から見ることができます。

いつもは花火を見て、「きれいだ」とか「すごい」だとかしか思わなかったのですが、昨夜は違いました。

愛する人を、家族を、未来のわたしたち日本人を守るために、我が身を犠牲にしてくれた人たちがいたからこそ、今自分はこうしてビール片手に家から花火を見ることができる。

「感謝」と「幸せ」を感じた夜でした。

« 農業は人類の原罪である | トップページ | コアラ »

「その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141673/7556614

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国と花火:

» 歴史を知る言葉 [歴史を読み解く言葉]
「私は前に、『政治家は歴史の法廷の被告である』と言ったが、 この法廷には弁護士がついていないので、 被告は自然に自己弁護も行わなければならないことになり、 それが私の言い訳である。 そこで重要なこと...... [続きを読む]

« 農業は人類の原罪である | トップページ | コアラ »