フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 世界遺産 宮島の旅 1 | トップページ | 世界遺産 宮島の旅 3 »

2008年12月22日 (月)

世界遺産 宮島の旅 2

Img_8108 宮島と言えば、厳島神社。としか知らなかったわたし。

その背後にそびえる、弥山(みせん)という山の存在を知りませんでした。

この山、国の文化財に指定される原始林を有しているそうです。

その山を登ります。

ロープウェイで終着駅まで連れて行ってもらい、あとは約30分かけて徒歩で頂上を目指します。

Img_8116 ロープウェイの終着駅には、ニホンザルが。昔宮島に住んでいた野生のサルは明治時代に絶滅したそうで、今いるサルは後に連れてこられた移住組です。

元気に暮らしています。

Img_8121 絶景かな、瀬戸内の海。

山頂まで歩いて登ってきた甲斐がありました。

木を見ても、それが原始林で貴重なものかどうかは、残念ながら分からないわたしですが、

自然の美しさには心揺れます。

一般的に貴重かどうか、ということより、自分で感じることに価値を見出し、良いものを良いと言える勇気を持ちたい。

そんなことを思います。

« 世界遺産 宮島の旅 1 | トップページ | 世界遺産 宮島の旅 3 »

「ロハスな生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界遺産 宮島の旅 1 | トップページ | 世界遺産 宮島の旅 3 »