フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 写経 | トップページ | 尾道へ »

2010年4月21日 (水)

伊那へ

Dscn1280 先週の月曜日、そうもうあれから1週間以上が経っていますが、NPO日本再生プログラム推進フォーラムが主催の素晴らしい会社を訪問するプロジェクトに参加して、長野県伊那市にある伊那食品工業(株)様に行ってきました。

すでに語り尽くされている感がある素晴らしい企業ですが、それを目の当たりにまさに、”実感”することができたとても良い体験でした。

2日間あるうちの1日しかわたしは参加できませんでしたが、それでも本やメディアで知っているのと、現地で感じるのとでは格段の差があります。

人間はやはり五感をフルに活用してものごとの認識をしているのでしょう。

社員の幸せを一番に考えた経営。それを実践して成功している会社が実際に存在しているということだけで勇気をもらえます。

帰りのタクシーの中での運転手さんとの会話。

「伊那食品さんてどんな会社ですか」

「いい会社ですね」、「姿勢がいいですね」

と、さらっとおっしゃってました。

儲かってるみたいでいいよね、などという言葉は一切なし。

あの会社は「姿勢がいい」という言葉、なかなか聞くことはできないでしょう。

社員ひとりひとりの姿勢がいいからこそ、地域の人が自然にそういう言葉を口にするのでしょう。

いやー、恐れ入りました。

ちなみに、藤原事務所でこの会話をやったらどうなるでしょうか!

「藤原事務所さんてどんな会社ですか」

「何だかよく分からない会社ですね」、「笛や太鼓の音が聞こえたり」、「駐車場でバーベキューやったり、もちつきやったり」、「人が大勢来たり」、「宗教団体かと思いましたよ(笑)」

とさらっと言われるかなー(笑)

« 写経 | トップページ | 尾道へ »

「その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写経 | トップページ | 尾道へ »