フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月26日 (月)

ちょうちん祭り

Dscn1502

本場、栃木県足利から5人の精鋭をお招きして「ポテト入り焼きそば」で出店した、小田原ちょうちん祭りも、足利+小田原メンバー全員の協力のもと、天気にも恵まれ、無事終えることができました。

Dscn1508

現地から仕入れた麺とソースは、他に負けないおいしさのポテト入り焼きそば。

2日間続けて買いに来てくれた方もいました。やはり「良いモノ」を持っていれば、リピートしてくれるんですねー。

ただ、「良いモノ」は何も商品だけを表すのではありません。他にも要素はあります。

さて、我が社が、あるいは自分が一番誇れる良いモノは一体何でしょう・・・。

Dscn1504

1枚目の写真とこの写真、違うところがあります。

間違い探し!

正解は

お店の「のれん」です。最初に比べて、こちらは商品の特徴が分かりやすいのれんになってます。

最初に作ったものを現地で確認して、これじゃダメだと思ったカウンセラー兼デザイナー岩松正史が急遽作り直しました。

現場で確認、即断即決のスピード対応。岩松デザイナー事務所のモットーです。

その成果もあってか、一応損益分岐点はクリア(ただし人件費はボランティア)。

ホッとする反面、わたしの判断ミスで、1日目の夜の「機会損失」、つまり商品が並んでいれば売れたはずなのに、仕込み不足で商品が提供できず、売れなかった損失、が悔やまれます!!

が、それ以外は楽しい出店でした!

メンバー、お店に来てくださった方、すべての人に感謝です!!

ありがとうございました。

2010年7月 6日 (火)

ナス

Dscn1466

わたしの席の横にある、観葉植物においしそうなナスがなりました!!

世にも奇妙な。

ってそんなわけはありません。

今朝、朝の農作業で収穫したナスです。

しかし、ナスがぶら下がっているだけで、まったく違う癒しの風景になるのは不思議です。

2010年7月 5日 (月)

突然の来訪者

Dscn1465

夜、事務所で仕事をしていたら携帯に1本の電話が。

静岡在住の設備屋S君でした。

「今、小田原にいるんだけど、おいしいラーメン屋ない?」

と。

「いやー、あることはあるけど、この時間にはもう閉まっちゃってるなー。」

とわたし。

かなり久しぶりに話しした最初の会話がこれかよ!

とまあそんなことはさておき、

せっかく来てるなら一緒にご飯食べに行こう、ということで、

二人で閉店間際の近くのラーメンやに駆け込み。

ラーメンを食べながら仕事の話や家庭な話など、30分ぐらいして

その後、まだ仕事があるというS君は颯爽と去っていきました。

仕事が少なくなると遠くまで行かなくちゃいけないとはS君の談。

にしても、この時間に静岡から小田原って、かなりがんばってますなー!

でも体は大切に。

大学に泊まり込んで卒論を仕上げた昔のように、お互いもう若くはないから(笑)

ポテト入り焼きそば

P1000015

7月24日(土)、25日(日)に開催される小田原ちょうちん祭りで出店する「足利名物、ポテト入り焼きそば」を本場足利で試食してきました。

具は、ジャガイモ、キャベツに豚肉、そして紅生姜と青のり。

シンプルですが、通常より酸っぱ目の独特のソースが印象的でした。

ポテトもほくほく。

足利では昔、三角に折った新聞紙にこの焼きそばを入れて売っていたそうです。

この足利B級グルメ、ぜひみなさん、ちょうちん祭りに食べに来てください!

http://t-hase.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-d4ab.html

↑出店場所はコチラ。

マニアックなバー

P1000013

仙台でのお仕事が終わった夜。地元の方に「ガンダム・バー」に連れて行っていただきました。

なんてマニアックなバーでしょう!

メニューはすべて関連用語が並んでいます。

来店数によって階級(会員証)が上がっていきます。

P2010_0702_213728

枝豆にもこのような人形(誰だか分かりません)がついてきます。

店員さんはこの人形のような軍服を着ています。

軍服は階級によって異なります。

いやはや。

とにかくファンを楽しませるための工夫が・・・、というよりすべてをガンダムに関連づけしておけば、勝手にファンは楽しんでくれると言ったほうが良いでしょう。

確実にターゲットを絞った店作りですね(笑)

Dscn1463

さきほどの人形は持ち帰りができませんが、こちらは持ち帰った人形(ガンキャノン)とコースターです。

コースターは来店すればもらえます。

ガンキャノンはチョコパフェのおまけでした。

わたしがお土産に持って帰れるようにと地元の方が注文してくださいました。

無事、小田原まで持ち帰れました!そしてガンダム世代のわたしにとって、血が騒ぐひとときをありがとうございました!!

「何がおもしろいの?」

と、聞く人もいるでしょう。

しかし、好きな人にはたまらない場。ただそれだけです。

自分だけの価値観で判断していては人を理解することなどできません。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »