フォト

Twitter

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

涙するほどの感動を

先日、素晴らしい経営を実践されている方々のお話を聴かせていただく機会に恵まれました。

そこで感じたこと。

自分は人が涙して喜んでくれるほどの仕事ができているのか。

いや、できているのかではなく、本気でそこまで思い込んでいるのか。

人から何と言われようとも貫くほどの信念があるのか。

お話の後、懇親会でその経営者の方々と名刺交換をさせていただき、その人間性にすこしですが、直接触れさせていただき感じたことは、皆さんとても気さくで明るく、そして暖かみがある、ということ。

日々の心の在り方、意識のもちよう、何のために、どこへ向かって・・・

根本から改めて見つめ直す機会をいただきました。

ありがとうございました。

2014年2月13日 (木)

リーダーシップは性善説か性悪説か

Dsc_0186

毎月開催させていただいてます、二宮尊徳の勉強会(読書会)。

二宮尊徳のリーダーシップは学ぶべきところが多々あります。

たとえば、リーダーシップというのは、性善説か性悪説か、どちらで成り立っているのか、と考えたことがありました。

昔は何の疑いもなく性善説でこそリーダーシップは成り立つと思っていました。

が、二宮尊徳を学ぶうち、そうではないと思うようになりました。

かと言って、性悪説でもありません。

人間には善も悪も両方含まれていて、善悪併せて一つの円を形づくっているのです。

ただ、放っておいたら、悪のパイが大きくなっていくことが多い。

だからリーダーは、目をかけて、手をかけて、人の善の部分を引き出してやることが大切なのだと。

善を信じることに変わりはありませんが、悪も併せ持っていると認識していれば、また違った考え方やアプローチが生まれる。

そんな気がします。

2014年2月 3日 (月)

10年日記

Dsc_0197

直感力を鍛えるためには、データベースの蓄積が必要と教わりました。

成功・失敗の知識や経験が積み重なることによって、いずれそれが必要な時にピンとくる土台になるからです。

ということで、1年前に日記を書き始めました。

ただし、普通の日記では続かないと思ったので、「10年日記」なるものです。

1ページに10年分の同じ日の記入ができるようになっていますので、その日1日の振り返りだけでなく、10年分の今日を振り返ることもできます。

昨年のものを読み返してみると、出来事の記載が多く、単なる「記録」になっていると気付きましたので、今年はなるべく想いや心境、感じたこと、など自分の内面を出していかねば。

さて、今日は何を書こうか・・・。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »