フォト

Twitter

無料ブログはココログ

2014年3月18日 (火)

歴史の勉強週間

先週は3日連続で歴史にまつわる著名人の講演を拝聴する機会に恵まれました。

初日は、今何かと話題の竹田恒泰氏。日本人は基本素晴らしい。しかし、国民が国の成り立ち、神話を知らない国は滅ぶ。だから戦後創られた歴史を鵜呑みにせず、しっかり日本人としての誇りお取り戻すべく、古事記を勉強しましょう。

というお話。明治天皇の玄孫で古典の専門家というから、どんなにお堅い方かと思いきやとんでもない。まるで漫談。難しい話を難しくすることは誰にでもできますが、難しい話を楽しく分かり易くするのは誰にでもできる芸当ではありません。良い勉強をさせていただきました。

2日目は、小和田哲男氏。歴史好きの方ならよくご存知かと。現大河ドラマの時代考証もされている歴史家です。一度はお話を聴いてみたいと思っていたところ、小田原で無料講演があるというので迷わず参加。

小田原ですから、北条5代にまつわる話。過去の成功に引きずられること、引退した先代がいつまでも口だしすることの弊害など、現代経営も歴史から学ぶべき点が多々あることを聴かせていただきました。

そして最後3日目。論語とそろばんセミナー(つまり渋沢栄一の勉強会)の最終回。ゲストが竹田和平氏。たまごボーロで有名な竹田製菓の社長であり、日本一の個人投資家とも言われ、現在100数社の上場企業のお株主だそうです。まさに現代の渋沢栄一!

バブル崩壊と同時に競争社会の振り子を動かしていた電源は切れた。今は振り子が惰性で動いているだけ。これからは利己主義的心を捨てて、「まろ」=真心で良い会社を、良い社会をつくっていかなければならない。

まろ、感謝、わくわく、智恵、勇気があれば人はしっかりと生きていける。

といったお話でした。

歴史(過去)を変えることはできない。変えられるのは未来だけだとよく言います。まさにそのとおりでしょう。

しかしある意味では過去は変えられます。

大切なのは、自分がどう捉え、どう考え、どう感じ、どう想うかです。意識の持ちようによって、過去はいくらでも変わるのです。

そんなことを感じた歴史の勉強週間でした。

2010年9月15日 (水)

史学会初回終了

Photo

まいど、金治郎です。

長谷川が世話人を務める史学会の初回が昨日、終わりました。

まだまだわしの幼少期のころの話やったけど、みなさんから「深い」ちゅうお言葉をいただきましたわ。

わしとしては、そんな深う考えとらんで、物事の道理、ごく当たり前のことを当たり前に素直にやっとるだけやねんけどな。

ちなみに「大学」は、わしが薪しょいながら読んでた本ですわ。この本の教えの中に、

格物 致知 誠意 正心 修身 斉家 治国 平天下

ちゅうのがありましてな。

ひと言で簡単に言うと、天下泰平の元は自分にある。

まあそんなとこですわ。

それにしても、長谷川はきったない字書きよるなー。

2010年9月 1日 (水)

眠りから覚めた金治郎

Dscn1537

毎度!金治郎です。ようやく机の中から引っ張り出されましたわー。

いやー、寝過ぎたせいで頭ガンガンしてますわ。

で、なんで急に叩き起こされたかと言うと、なんや長谷川が「歴史に学ぶ勉強会」ちゅうのを始めるそうで、その題材にわしをもってきたからみたいやな。

Dscn1538

この本を元に、参加者と共に学び合うらしいわ。

まぁ、わし流に言うと「いもこじ会」やな。

興味ある人は足は運んだってんかー。詳しいことはここへ↓。

http://www.fujiwaraoffice.co.jp/boshuu/2010/09/post-33.php

2010年5月21日 (金)

ついに刀を

Dscn1372 歴史好きがご縁でお仕事をいただくようになり、武将と呼ばれるようになって早何年!?

ついに刀を購入しました!!

Dscn1374 と言っても、刀のお箸です。銃刀法にも違反していません。

箸置きも付いています。真田幸村モデルの箸セットです。

箸置きには、真田六文銭の旗印が。六文は三途の川の渡し賃。戦場においてはいつでも三途の川を渡るつもりで臨むという真田の覚悟を表したものだとか。

そう言えば上杉謙信も「死なんと戦えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり」と言ったとか。

人間、覚悟を決めればできる。覚悟を決めないから何もできない。

すべては心の持ちよう。

生きるか死ぬかの瀬戸際に常に立たされていた戦国武将の言葉にはやはり重みがあります。

2009年7月20日 (月)

天下統一

Img_9665 大河ドラマの「天地人」

我らが小田原北条氏が、豊臣秀吉に滅ぼされてしまいました。

北条氏政が最後に「いったいわしは何を間違ったのか!」と嘆いていましたが、何を間違ったのか分からないから滅ぼされるのですね。

でもそんなに嘆くことはありませんぜ、氏政さん。

あれから約420年後の小田原の夜は平和です。小田原城址は、今では市民の憩いの場です。天守閣もキレイにライトアップされ、見る人の目を癒してくれます。

その基礎を築いてくれたのは、北条氏です。

城下に日本で初めての水道施設を作ったのも北条氏です。

いい仕事してまっせ!

2009年6月23日 (火)

歴史ブーム

最近、歴女(れきじょ)と呼ばれる、歴史好きな女の子が増えているそうで。歴女アイドルなるものもいるらしく。

ということで、今世の中は歴史ブーム。

わたしのパソコンも先日、歴史モノに様変わり。

Dscn1066 以前からうるさかったCPUクーラーのファン音を改善するため、クーラーを取り替え。

写真の上が新しく取り付けたCPUクーラー。下に置いてあるのが古いもの。

ファンの大きさが倍ぐらい違います。

ファンは小さい方が騒音は小さくて済むんじゃないの?と思っていましたが、そうでもありませんでした。

同じ風量を吹き付けるのでも、小さいと多く回転させなければならず、その回転の音が騒音になっていたのです。

大きくデンと構えて、ゆったり回っているほうが余計な雑音も立てず、仕事もしっかりこなすということですね。

それで、なぜわたしのパソコンがこれで歴史ものなのかと言うと、

Dscn1068 このCPUクーラーの名前が「ANDY SAMURAI」。

パッケージもこんな感じで、まさに歴史モノ!

・・・。

そしてその日の夜、大谷さんが差し入れしてくれた麦飲料にも、歴史モノのオマケが!

Dscn1071 ということで、小田原久野にも歴史ブーム到来です。

2009年3月17日 (火)

太閤さん

Dscn0929 太閤さんの名で親しまれている豊臣秀吉。

戦国武将好きのわたしに、大谷さんがプレゼントしてくれました。

大阪出身ということで、秀吉を選んでくれたようです。

秀吉は困難な仕事に自ら進んでチャレンジして、それを乗り越えて成長(出世)していきました。

わたしも秀吉のように「困難は避けるためにあるのではなく、乗り越えた先の成長のためにある」という思いでがんばろうと思います。

自分の机の後ろにこれを飾って、その思いを忘れないようにしたいと思います。

大谷さん、ありがとうございました!

2006年11月22日 (水)

歴史人物インタビュー ゲスト:織田信長さん 第2回

Nobunaga 長谷川「信長さん、こんにちは。第1回目からずいぶんご無沙汰してしまいまして申し訳ありません」

信長「いやー、久しぶり。半年ぶりだね。忘れられたかと思っちゃったよ」

長谷川「すみません。今日別のところで信長さんの話題になりまして、それで思い出しました。決して忘れてたわけじゃないんです」

信長「それって忘れてたってことじゃないの?ま、いいけど」

長谷川「ところで2回目の今日は、人材の登用についてお話をさせていただきたいと思うのですが、信長さんと言えば、のちの豊臣秀吉さんに代表されるように、身分に関わらず優秀な者であれば、どんどん登用して出世させていったことで有名ですが」

信長「そうね。当時は激動の戦国時代だからね。時代の流れは速いし、各地で自分勝手な大名どもがのさばっていろいろチョッカイ出してくるし、いろんなところで問題が発生するわけよ。うっとおしいったらありゃしないんだこれが。

特にさぁ、オレみたいにどんどん領土を広げていくと、だんだん自分だけじゃ細かいところまで手が届かなくなるわけよ。問題にも自分だけじゃ対処しきれなくなるのよ。

だからさ、自分の代わりにいろいろやってくれる人材がどうしても必要でねー。それがまたオレの代わりなんだから、優秀じゃなくちゃいけないわけで。

でもそんな優秀なヤツってなかなかいなくて、身分にとらわれてたらいつまでたっても見つけられないんだよね。だから身分に関係なく幅広く「コイツは」ってヤツを登用して、どんどんチャンスを与えて、それに応えればどんどん出世させてやったのよ」

長谷川「なるほど。信長さん、今日は饒舌ですね」

信長「いやー、人と話すのが久しぶりなんでつい」

長谷川「では信長さんが人を登用するときのツボはあったんでしょうか?」

信長「ツボねー。そうねー。オレの場合、直感勝負だったからねー。まずは直感が大事よ。ピンとくるものがあるんだよね。お主も人を多く見てりゃ分かるようになるさ。あとは、何かひとつでも光ってるものがあるかってこと。何かひとつでも人より秀でてる、これはってものがあればいいのよ。禿げねずみは、あ、これサルのことね。あ、サルって秀吉のことね。その禿げねずみは、とにかく人に対する気遣いが半端じゃなくできるヤツだったんだよね。だから登用したわけ。」

長谷川「ひとつでも秀でてるものがあれば、良かったんですね」

信長「でもそれだけで登用するとは限らないね。戦国時代だからね、ひとつ間違えば死ぬるわけよ。そいつのミスのせいで死ぬこともあるわけよ。いくら優秀なヤツでも絶対にミスしないとも限らんし。だから、一番オレが大事にしてたのは、コイツと一緒に死ねるかって感じられるかどうかってことだな」

長谷川「うーん、深いですね・・・というところで、あっという間にまた今日も時間になってしまいました。信長さん、今日はありがとうございました。また次回もよろしくお願いします」

信長「早いね。もう終わり?じゃあまた」

その他のカテゴリー